News


News

『アルビノの木』が横浜シネマ・ジャック&ベティで公開決定!

2017/3/28
アルビノの木

長編監督作『アルビノの木』(2016年/86分)が、
神奈川県・横浜シネマ・ジャック&ベティにて上映されます。


横浜シネマ・ジャック&ベティ
日時: 2017年5月27日(土)〜6月2日(金)の1週間上映
※上映時間、イベント等の詳細が決定次第、追記いたします。

横浜近隣の皆さま、東京で見逃した方もぜひ、この機会にご来場ください。


『アルビノの木』が京都みなみ会館で公開決定!

2017/3/13
アルビノの木

長編監督作『アルビノの木』(2016年/86分)が、
京都府・京都みなみ会館にて上映されます。


京都みなみ会館
日時: 2017年4月15日(土)〜21日(金)の1週間上映
◆15(土)・16(日) 14:15〜上映
 ※共に上映後イベントあり(30分予定)
◆17(月)〜21(金) 18:40〜上映

※イベント情報
15日(土)上映後 佐伯剛さん(雑誌「風の旅人」編集長)×金子雅和 トークショー
16日(日)上映後 千松信也さん(猟師 著作「ぼくは猟師になった」など)×金子雅和 トークショー

京都近隣の皆さま、この機会にぜひご来場ください。


『アルビノの木』が大阪シアターセブンで公開決定!

2017/3/13
アルビノの木

長編監督作『アルビノの木』(2016年/86分)が、
大阪府・十三シアターセブンにて上映されます。


十三シアターセブン
日時: 2017年4月15日(土)〜21日(金)の1週間上映
◆15(土)〜20(木) 18:20〜上映
 ※15,16はイベントあり(30〜40分予定)
◆21(金) 15:35〜上映

※イベント情報
15日(土)上映後 米澤里美さん(なにわホネホネ団副団長)×西尾孔志さん(映画監督『函館珈琲』など)×金子雅和 トークショー
16日(日)上映後 前田和紀さん(映画プロデューサー『ソウルフラワートレイン』など)×金子雅和 トークショー

大阪近隣の皆さま、この機会にぜひご来場ください。


『アルビノの木』が Silk Road Film Festival でノミネート上映!

2017/2/24
The_Albino's_Trees

「アルビノの木」が、アイルランド・ダブリンで開催される
Silk Road Film Festival 2017 でノミネート上映されます。

Silk Road Film Festival 2017

開催日: 2017年3月8日(水)〜12日(日)
Feature Film(長編映画)部門 ノミネート作として3月9日(木)20:00〜上映

映画祭公式カタログ
SRFF_02

SRFF_01

東アジア〜中央アジア〜アラブ〜バルカン半島周辺〜北アフリカ〜欧州にわたる
かつてのシルクロード文化圏の映画が主にセレクトされる映画祭。
他作品はアカデミー賞ノミネート/カンヌ受賞の『裸足の季節』(トルコ)など。
ハンガリーの巨匠タル・ベーラ監督のマスタークラスもあり。
アイルランドにお住まいの方はぜひ、チェックして下さい。


『アルビノの木』が松本CINEMAセレクトで上映決定!

2017/2/21
アルビノの木

長編監督作『アルビノの木』(2016年/86分)が、
長野県松本市・松本CINEMAセレクトにて上映されます。


松本CINEMAセレクト
会場: まつもと市民芸術館
日時: 2017年5月3日(水・祝) 午前10:30〜1回上映 ※監督舞台挨拶あり

長野近隣の皆さま、この機会にぜひご来場ください。


『アルビノの木』が長野・松竹相生座ロキシーで公開決定!

2017/2/12
アルビノの木

長編監督作『アルビノの木』(2016年/86分)が、
長野市・松竹相生座ロキシーにて2週間ロードショー上映されます。


劇場: 松竹相生座ロキシー
日時: 2017年4月29日(土)〜5月12日(金)の2週間、連日2回上映
◆@10:50〜 A16:00〜

※イベント情報
29日(土)各回上映後 松岡龍平(俳優)×金子雅和による初日舞台挨拶

長野、横浜近隣の皆さま、この機会にぜひご来場ください。


NPO法人 COSMO FEST 主催映画鑑賞会で「水の足跡」が上映!

2017/2/4
水の足跡

監督作「水の足跡」が、NPO法人 COSMO FEST が主催する映画鑑賞会で
上映されます。


COSMO FEST上映会

COSMO FEST 公式FB

お近くの方はぜひ、ご来場ください。


『アルビノの木』が広島・横川シネマで公開!

2017/2/3
アルビノの木

長編監督作『アルビノの木』(2016年/86分)が、
広島市・横川シネマにて1週間限定ロードショー上映されます。


劇場: 横川シネマ ※詳細→劇場ブログ
日時: 2017年3月15日(水)〜21日(火)の1週間限定、連日17:00〜上映

※イベント情報
3/18(土)上映後 青原さとし監督(ドキュメンタリー映画『土徳流離』など)×金子雅和(『アルビノの木』監督)トークショー
3/19(日)上映後 金子雅和(『アルビノの木』監督)舞台挨拶


横川シネマ

広島国際映画祭・若手監督特集で上映され、ヒロシマ平和映画賞の最終候補ともなった当作を、
この機会にぜひご高覧ください。


『アルビノの木』の長文レビューが、海外映画誌 CULT CRITIC に掲載!

2017/1/28
CC-FEB-2017-Cover

「アルビノの木 "The Albino's Trees"」の長文レビューが、オンライン映画誌
CULT CRITIC 2月号に掲載されました(英文)。


"The Albino's Trees" review

CULT CRITIC 2月号・目次

CULTCRITIC

インド・コルカタ国際文化映画祭(CICFF)で月間最優秀賞を受賞したため、「MONTH OF THE FILM」としての紹介です。
同誌は、CICFFを主催する映像総合会社・HUMAN LAB CORPORATION が毎月発行している映画批評誌。
かなりの長文で、内容を深く掘り下げて厳格に批評して頂いてます。
本誌はサンダンスで受賞した監督のインタビューや、ルイス・ブニュエル特集など、かなり読み応えがある濃い内容ですので、
ぜひご一読ください。

月間最優秀賞・受賞作は、年間ベストを競う GOLDEN FOX アワードで上映されます(10月開催予定とのこと)。


『アルビノの木』が Bodhisattva International Film Festival でノミネート上映決定!

2017/1/25
bodhisattva01

「アルビノの木 "The Albino's Trees"」が、インド・パトナで開催の映画祭
Bodhisattva International Film Festival (ボーディサットワ国際映画祭)
インターナショナル長編コンペ部門で正式上映されます。


Bodhisattva International Film Festival

ノミネート作品リスト

映画祭公式プレスリリースによると世界122ヶ国、3,543のエントリー作品(全部門)中からの
ノミネート(長編コンペノミネートは10作品)。
パトナは、ブッダが悟りをひらいたことで有名なブッダガヤがある、ビハール州の州都。
そんなガンジス川ほとりの自然と、文化・歴史に恵まれた町で開催される第2回目の映画祭
KALA & FILM MAHOTSAV 2016 から改名)。

bodhisattva02


↑映画祭Trailer 1分10秒くらいからラストまで、本作の映像がいくつか登場します。

インターナショナル長編コンペは、トロント国際映画祭や釜山国際映画祭の正式上映作品などが揃っている模様です。
全部門中、日本から唯一のノミネートである『アルビノの木』が、仏教誕生の土地でどのように受容されるのでしょうか。
上映日程など詳細が出次第、追記いたします。


『アルビノの木』が CICFF - Calcutta International Cult Film Festival で最優秀長編映画賞!

2017/1/9
CICFF0109

「アルビノの木 "The Albino's Trees"」が、インド・コルカタ(カルカッタ)の映画祭
CICFF Calcutta International Cult Film Festival -December,2016 Selection- で
月間最優秀長編映画賞(BEST NARRATIVE FEATURE)を受賞しました。


CICFF - Calcutta International Cult Film Festival

CICFF 2016年12月受賞作

CICFF公式HPの紹介によると、主に審美的・哲学的理由で作られたアート性の高い映画を
毎月カテゴリー別に選出し、映画の力によって異文化間の交流を深めることを目的とした
映画祭のようです(※CultはCultureと同じく「心を耕す」という意味のラテン語が語源とのこと)。

『アルビノの木』は、2016年12月の NARRATIVE FEATURE(長編劇映画)部門オフィシャルセレクションに
選ばれた8作品(アメリカ2作、日本2作、ドイツ、カナダ、アイルランド、イタリア)中、
最優秀賞である BEST NARRATIVE FEATURE を受賞したため、年間ベストを競う
CICFF GOLDEN FOX AWARD にて、最終ノミネート作として上映される模様です(時期が分かり次第追記します)。

AWARD CERTIFICATE(賞状証明書)
CICFF_The-Albino's-Trees


映画祭Trailer(※映画祭の趣旨が伝わるかと思います)



『アルビノの木』が福岡・中洲大洋映画劇場で上映!

2016/12/22
アルビノの木

長編監督作『アルビノの木』(2016年/86分)が、
福岡市・中洲大洋映画劇場にて上映されます。


劇場: 中洲大洋映画劇場
日時: 2017年1月21日(土)〜27日(金)の一週間限定モーニングショー

中洲大洋映画劇場

九州初上映です。
近隣の方は、この機会にぜひご高覧ください。


初監督作「すみれ人形」ツタヤTVで有料配信開始!

2016/12/14

DVDチラシ

初監督作『すみれ人形』(08年公開/出演:小谷建仁、山田キヌヲ、綾野剛ほか)
の有料配信が、ツタヤTVで開始されました。

ツタヤTV 『すみれ人形』
ツタヤTVの利用方法は→コチラ

『すみれ人形』公式HP

トップ画像は、09年にセル&レンタルDVDがリリースされた時の広告です。
ツタヤ一部店舗やDISCUS、ゲオONLINEでは引き続きDVDレンタルもあります。
完成から約10年の節目に、是非ご高覧下さい。




『アルビノの木』が Kolkata International Wildlife & Environment Film Festival でノミネート上映!

2016/12/5
The_Albino's_Trees

「アルビノの木」が、インド・コルカタ(カルカッタ)で開催された
Kolkata International Wildlife & Environment Film Festival 2016 でノミネート上映されました。

Kolkata International Wildlife & Environment Film Festival 2016

開催日: 2016年12月2日(金)〜4日(日)
Feature Film(長編映画)部門 ノミネート作として4箇所の会場で上映

kiweff-feature-films-nominated2016

ノミネート作はインド、アメリカ、ロシア、イラン、スペイン、フィリピン、日本から選ばれた8本でした。


雑誌「BRURUS」にプロフィールが掲載!

2016/12/1
brutus20161215

雑誌「BRUTUS」12月15日号(12/1発売)に
『アルビノの木』監督として金子雅和プロフィールが紹介されました。


BRUTUS 12月15日号

BRUTUS 12月15日号の映画特集内、日本の若手映画監督特集(小冊子)に掲載された対談で
『アルビノの木』が少し話題に上がり、脚注で金子雅和のプロフィールを紹介頂いてます。
※金原由佳さん(映画ジャーナリスト)×渡辺真紀子さん(俳優)×坂野ゆかさん(川喜多財団)の対談内

また、地元密着ミニシアターというコーナー筆頭に、秋田・御成座の記事が出てます。
劇場の外観写真には、10月〜11月に御成座で公開されていた『アルビノの木』絵看板が掛ってます。
ぜひご購入の上、じっくり探してみて下さい。


『アルビノの木』がヒロシマ平和映画賞に最終ノミネート!

2016/11/13
アルビノの木

広島国際映画祭2016で上映された『アルビノの木』が、
第1回ヒロシマ平和映画賞に最終ノミネートされました。


広島国際映画祭2016

同賞は、広島国際映画祭2016で上映された全作品が候補作となり、
その中から『アルビノの木』は、最終ノミネート(受賞候補)の6作品に選ばれました。

受賞は『この世界の片隅に』(片渕須直監督/こうの史代原作)。
日本映画で候補に残ったのは、『この世界の片隅に』と『アルビノの木』の2本のみでした。

<ヒロシマ平和映画賞とは> ※広島国際映画祭 公式HPより
福岡愼二映像文化支援基金により2016年から広島国際映画祭に創設される賞。
映画祭開催期間中に上映される全作品(2015年以降制作された作品)を対象とし、
ヒロシマの心を世界に発信することに最も寄与したと思われる作品を制作した者の、
さらなる制作活動に対して贈られます。


『アルビノの木』が山口県・下関チポーラで上映!

2016/11/7
アルビノの木

長編監督作『アルビノの木』(2016年/86分)が、
山口県・capanna di CIPOLLA(下関市)にて上映されます。


会場: capanna di CIPOLLA
日時: 11月19(土)〜25(金)連日 11:00/15:00/19:00
料金: ¥1,000(前売、当日ともに)
※19(土)19:00の回、20(日)11:00/15:00の回は、監督・金子雅和の挨拶あり。


下関チポーラ

近隣の方は、この機会にぜひご高覧ください。

『アルビノの木』上映は、まだまだ各地で巡回して参ります予定です。
最新情報は 『アルビノの木』 公式HP“上映情報”
公式FB
公式ツイッター をご確認頂けると幸いです。


『アルビノの木』が広島国際映画祭で上映!

2016/11/7
アルビノの木

長編監督作『アルビノの木』(2016年/86分)が、
11月11日〜13日開催の広島国際映画祭2016にて上映されます。


広島国際映画祭2016

部門: 若手監督特集
会場: 横川シネマ
日時: 11月12日(土)18:00〜
※上映後、監督・金子雅和によるアフタートークあり


広島国際映画祭2016

前売チケットは、1日券1,200円、フリーパス(開催期間中通し券)2,300円が発売中(当日券もあり)。

世界中から集められた豪華な上映作品に加え、スペシャルゲストとして
吉永小百合さん(『母と暮らせば』)、岩井俊二監督(『リップヴァンウィンクルの花嫁』ほか)、
西川美和監督(『蛇イチゴ』)、ホセ・ルイス・ゲリン監督(『ミューズ・アカデミー』)、
片渕須直監督&原作者・こうの史代さん(『この世界の片隅に』)

など多数の映画人が来場。 ※()内が上映作品

『アルビノの木』は中国地方初上映。
この機会にぜひご高覧ください。


新人監督映画祭にて「逢瀬」が上映!

2016/11/1
逢瀬

監督作短編「逢瀬」が、ユナイテッド・シネマ豊洲で開催される
第3回新人監督映画祭で上映されます。


第3回新人監督映画祭

日時:11月11日(金)12:00〜
会場:ユナイテッド・シネマ豊洲 スクリーン6
部門:フォアキャスト部門(他2作と同時上映)

※料金など詳細は、上記リンクをご覧下さい。

都内での上映は久し振りとなる今作、上映後にメインキャストの松蔭浩之さん(現代美術家/写真家)
による舞台挨拶もあります。
なかなか上映機会の少ない作品ですので、この機会に是非、ご高覧頂けると幸いです。


『アルビノの木』が秋田・御成座で上映!

2016/10/18
アルビノの木

長編監督作『アルビノの木』(2016年/86分)が、
秋田県・御成座(大館市)にて上映されます。


劇場:秋田・御成座
日時:10月22日(土)、28(金)、29日(土)、30(日)、
    11月3日(木祝)、4日(金)、5日(土)、6日(日) 時間は下記画像、およびに御成座HPを参照
※10月29日(土)は、監督・金子雅和による舞台挨拶あり


秋田御成座

近隣の方は、この機会にぜひご高覧ください。


『アルビノの木』が名古屋シネマスコーレで上映!

2016/9/26
アルビノの木

長編監督作『アルビノの木』(2016年/86分)が、
愛知県・名古屋シネマスコーレにて上映されます。


劇場:名古屋シネマスコーレ
日時:10月8日(土)、9(日)、10日(月祝)、12(水)、13(木)、14(金)
※10日(月祝)は、主演・松岡龍平、監督・金子雅和による舞台挨拶あり


シネマスコーレ

近隣の方は、この機会にぜひご高覧ください。


きりゅう映画祭プレ・イベントで「水の足跡」が上映!

2016/8/25
水の足跡

監督作「水の足跡」が、群馬県桐生市で開催される「きりゅう映画祭2016」の
プレ・イベントで上映されます。


きりゅう映画祭2016

 映画祭開催日: 9月10日(土)
 関連上映:9月2日(金)、3日(土)、8日(木)

 ※「水の足跡」の上映は、9月3日(土)
 会場: 桐生倶楽部
 入場料:無料
 時間: 16時35分より →詳細スケジュール

「水の足跡」は、きりゅう映画祭2012年度の助成作品で、今年はいままでの助成作品が
一挙上映される模様です。
お近くの方は是非、ご来場下さい。


『アルビノの木』がテアトル新宿でいよいよ公開!

2016/7/12
アルビノの木

長編監督作『アルビノの木』(2016年/86分)が、
テアトル新宿にて2週間限定レイトショー公開されます。


『アルビノの木』 公式HP

劇場:テアトル新宿
日時:7月16日(土)〜2週間限定レイトショー公開(以後、全国順次公開予定)

※詳細は『アルビノの木』公式HP、テアトル新宿HPをご覧下さい。

初日舞台挨拶や、連日のトークイベントもございます。
ぜひ劇場へお越しください。



TOKTO月イチ映画祭にて『すみれ人形』が上映!

2016/7/3
すみれ人形

『すみれ人形』が、東京都の九段下で毎月第2土曜日に開催されている
第37回TOKYO月イチ映画祭にて上映されます。


TOKYO月イチ映画祭

TOKYO月イチ映画祭 Facebook

※詳細は、上記リンクをご覧下さい 。

『すみれ人形』の国内スクリーン上映は、約7年ぶりです。
当作に出演し、現在日本映画界の最前線で活躍している女優・山田キヌヲさん、俳優・綾野剛さんたちの
美しき姿を、ぜひ大きな画面でご覧下さい。

当日は、7月16日(土)よりテアトル新宿にて公開の
金子雅和最新監督作『アルビノの木』の予告編も上映予定です。


『アルビノの木』テアトル新宿での劇場公開が急遽決定!

2016/6/11
アルビノの木

長編監督作『アルビノの木』(2016年/86分)が、
テアトル新宿にて2週間限定レイトショー公開されます。


『アルビノの木』 公式HP

劇場:テアトル新宿
日時:7月16日(土)〜2週間限定レイトショー公開(以後、全国順次公開予定)

※詳細は間もなく開始の上記リンク、『アルビノの木』公式HPをご覧下さい。

予告編の上映・ティザーチラシの配布が、テアトル新宿で始まってますので、ぜひ劇場へ。



撮影作「GOOD NIGHT CAFFEINE」がDVD発売!

2016/4/30
GOOD NIGHT CAFFEINE

撮影を担当した「GOOD NIGHT CAFFEINE」(監督:安達寛高=乙一)を含むオムニバス映画
『ぼくたちは上手にゆっくりできない。』が、DVD発売されます(販売元:ハピネット、発売元:日活)。


『ぼくたちは上手にゆっくりできない。』

『ぼくたちは上手にゆっくりできない。』 ←AMAZON商品情報

「Good Night Caffeine」 監督・脚本・編集:安達寛高(乙一)
「花火カフェ」 監督・脚本・編集:桜井亜美
「BREAK」 監督・脚本・編集:舞城王太郎

AMAZON解説より〜
安達寛高(乙一)、桜井亜美、舞城王太郎の人気作家3人が監督・脚本・編集を務めたオムニバスストーリー。
“上手にゆっくりできない”人々の日常を描く。
「Good Night Caffeine」「花火カフェ」「BREAK」を収録。特別短編小説集を同梱。

小説家・乙一が監督した「Good Night Caffeine」の撮影を担当してます。
昨年、渋谷ユーロスペースなどで劇場公開された同作の、待望のDVDリリースです。
ぜひお買い求め下さい。


北京国際映画祭にて「アルビノの木」がプレミア上映!

2016/4/18
The_Albino's_Trees

最新作「アルビノの木」が、中国の首都・北京で開催される
第6回北京国際映画祭 FORWARD FUTURE部門でノミネート上映されます。
※海外初の上映です


第6回北京国際映画祭 (※右上で英語と切替可能)

第6回北京国際映画祭 開催日: 4月16日(土)〜23日(土)
FORWARD FUTURE(注目未来)部門 開催日: 4月17日(日)〜22日(金)
※『アルビノの木』上映は、21日(木)13:30〜

会場:北京電影学院 Standard Projection Hall

forward_future
screening_schedule
現地4月17日NEWS (英文)
forward_future

詳細は映画祭公式部門ページ
FORWARD FUTURE部門 SNS(中文) にて順次更新されるようです。

北京国際映画祭は、上海国際映画祭に次ぐ、中国二番目の規模の映画祭で、
昨年は20万人を動員、本年も30箇所の会場でハリウッド大作からカンヌ映画祭受賞作、
日本映画特集、タルコフスキー特集など、多彩な400本以上の映画が上映されるようです。

FORWARD FUTURE部門は、メインコンペTIANTAN AWARDのサブセクションで、
長編映画1〜2本目の新人監督が対象となるコンペティション。
イギリス、イタリア、ルーマニア、フィンランド、ジョージア(旧グルジア)、
カナダ、メキシコ、コロンビア、パレスチナ、イスラエル、イラン、レバノン、
中国、韓国、日本など、16カ国/地域の計18本の作品がノミネートされてます。

「アルビノの木」はTIANTAN AWARDを含め、本年の同映画祭コンペ部門では唯一の
日本からのノミネート作品。
(ノンコンペでは約30本の日本映画が上映されます)

上映後にはQ&A等もあり、19日〜23日の日程、金子が参加いたします。
在中の方は是非、ご来場下さい。


TOKTO月イチ映画祭にて「水の足跡」が上映!

2016/4/3
水の足跡

「水の足跡」が、東京都の九段下で毎月第2土曜日に開催されている
第34回TOKYO月イチ映画祭にて上映されます。


TOKYO月イチ映画祭

TOKYO月イチ映画祭 Facebook

※詳細は、上記リンクをご覧下さい(順次更新中)。

都内での上映は久し振りとなる今作、観客投票によってグランプリが決定するとのことなので、
お近くの方は是非、ご来場・ご投票頂けると幸いです。


ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて「アルビノの木」がプレミア上映!

2016/2/1
アルビノの木

最新作「アルビノの木」が、北海道夕張市で開催される
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016で上映されます。
※初の一般上映です


ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016

 開催日: 2月25日(木)〜29日(月)

フォアキャスト部門にて上映。

28日(日)14:00〜

会場:ゆうばり共生型ファーム1F

詳細は映画祭スケジュール表をご参照下さい。

上映後の舞台挨拶には、主演の松岡龍平、北海道出身のベテラン俳優・長谷川初範
本年同映画祭コンペ部門審査員の女優・山田キヌヲなど、スタッフキャスト6名が参加予定です。

ハリウッドの最新大作からインディーズ映画まで、様々な映画が上映される
国内最大規模の映画祭です。
「アルビノの木」も、743本の応募作品の中から選出されての上映です。
是非、ご来場下さい。


「復元師 諸川」が長野県須坂市で上映!

2016/1/8
復元師諸川

短編「逢瀬」と「復元師」を連作映画として再編集した『復元師 諸川』が、
長野県須坂市で上映されます。


新春作品上映会

日 時:2016年1月16日(土)
    午前10時〜午前11時45分
   ※受付午前9時30分〜

場 所:シルキー第1ホール

入 場:無料(予約不要)

実施内容:午前10時00分〜午前11時5分
        「復元師 諸川」上映

       午前11時10分〜午前11時30分
        監督舞台挨拶

      午前11時30分〜午前11時45分
       「アルビノの木」応援団 団員募集

『復元師・諸川』チラシ表 『復元師・諸川』チラシ裏


当日は、須坂地元有志の方がやって下さっている「アルビノの木」応援団の
団員募集もあるそうです。
入場無料ですので、長野県近隣にお住まいの方は是非、ご来場下さい。


TOKTO月イチ映画祭にて「逢瀬」が上映!

2015/12/4
逢瀬

「逢瀬」が、東京都の九段下で毎月第2土曜日に開催されている
第30回TOKYO月イチ映画祭にて上映されます。


TOKYO月イチ映画祭

※詳細は、上記リンクをご覧下さい(順次更新されるようです)。

都内での上映は久し振りとなる今作、観客投票によってグランプリが決定するとのことなので、
お近くの方は是非、ご来場・ご投票頂けると幸いです。


「逢瀬」「復元師」がお蔵出し映画祭2015にノミネート!

2015/10/6
復元師諸川

短編「逢瀬」と「復元師」を連作映画として再編集した『復元師 諸川』が、
お蔵出し映画祭2015 コンペティション部門にノミネートされました。


お蔵出し映画祭2015

コンペ部門ノミネート作品として、11月7日(土)、8日(日)
シネマ尾道福山駅前シネマモードで各1回上映

コンペ部門ノミネート作品

青山真治監督、佐々部清監督などの作品と同部門でのノミネートです。
詳細は、上記の映画祭公式HPをご参照下さい。

『復元師・諸川』チラシ表 『復元師・諸川』チラシ裏



「逢瀬」がインディペンデント映画祭 in 別府で再上映!

2015/9/13
逢瀬

福岡インディペンデント映画祭2014にて美術賞を受賞した「逢瀬」が、
同映画祭関連イベント・インディペンデント映画祭 in 別府にて上映されます。


インディペンデント映画祭 in 別府 vol.4

日時:9月27日(日)
会場: 別府ブルーバード劇場
入場料/時間: 上記太字のリンクPDFをご参照下さい

お近くの方は是非、ご来場下さい。


Kisssh-Kissssssh映画祭 にて「水の足跡」がノミネート上映!

2015/9/13
水の足跡

「水の足跡」が、和歌山市加太で9月20日〜22日に開催される映画祭
Kisssh-Kissssssh映画祭 でノミネート上映されます。


Kisssh-Kissssssh映画祭

 映画祭開催日: 9月20日(日)〜22日(火・祝)
 会場/入場料/時間: 上記した映画祭HPをご参照下さい

※「水の足跡」の上映スケジュールは→コチラ

観客投票により、グランプリが決まるようです。
お近くの方は是非、ご来場下さい。


「水の足跡」が、筑西ショートフィルムコンペティションでグランプリを受賞!

2015/8/31
筑西授賞式

「水の足跡」が、入選上映された筑西ショートフィルムコンペティションにて
グランプリを受賞しました。


筑西ショートフィルムコンペティション

最終審査員は
映画「超高速!参勤交代」「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」等の本木克英監督、
リポビタンDの「ファイト、一発!」でお馴染みの俳優・渡辺裕之さん、
数々の特撮映画や乃木坂48のテレビドラマを手掛ける菊池亘カメラマン
でした。

筑西賞状

ご来場頂いたお客様、映画祭関係者の皆様、有難うございました。


筑西ショートフィルムコンペティションにて「水の足跡」が入選上映!

2015/8/29
水の足跡

「水の足跡」が、茨城県筑西市で開催される筑西ショートフィルムコンペティションにて、
上位5位入選作品として上映されます。


筑西ショートフィルムコンペティション

 開催日: 8月30日(日)
 会場: 下館SPICA(6F)
 入場料:無料
 時間: 上記した映画祭HPをご参照下さい

 当日、しもだて地域交流センター・アルテリオにて、グランプリなどの発表もある模様です。
 お近くの方は是非、ご来場下さい。


最新作「アルビノの木」試写会が長野県須坂市で開催!

2015/8/20
アルビノの木

最新作である長編映画「アルビノの木」の試写会が、
メインロケ地となった長野県須坂市にて開催されます。


日時:2015年9月6日(日)13時30分〜
場所:須坂市シルキーホール第1ホール
料金:無料
定員:100名
詳細は→コチラ

※お問い合わせは、主催:須坂商工会議所(TEL:026-245-0031)へお願い致します。

キャスト・スタッフによる舞台挨拶なども予定しております。
お近くの方はぜひ、ご来場下さい。


撮影作「砂山」がアートフェア・アジア/フクオカにて上映!

2015/8/20
砂山

撮影を担当した「砂山 -SAND HILL」が、同作監督の松蔭浩之さん(現代美術家・写真家)の
ご参加されるアートイベントアートフェア・アジア/フクオカ2015 にて、上映されます。


日時:2015年9月4日(金)〜6日(日)の会期中、1日3〜5回ほど上映
場所:ソラリア西鉄ホテル 1101号室
詳細は→コチラ

「砂 山 -SAND HILL」 【2013年/カラー/16:9 HD/18分】
<キャスト>会田誠 鹿児島藍 戸村祐介ほか
<スタッフ>撮影:金子雅和 脚本:上原三由樹 監督/原作:松蔭浩之

*予告編


お近くの方はぜひ、ご来場下さい。


「逢瀬」が福岡インディペンデント映画祭2015で再上映!

2015/8/4
逢瀬

福岡インディペンデント映画祭2014にて美術賞を受賞した「逢瀬」が、
本年の同映画祭にて招待上映されます。


福岡インディペンデント映画祭2015

映画祭日時:8月27(木)〜9月6日(日)
会場:福岡アジア美術館

※「逢瀬」の上映は
9月4日(金)14時00分〜(あじひホール)

招待作品一覧

※9月27日には、インディペンデント映画祭in別府での上映もあります(後日再掲します)。

お近くの方は是非、ご来場下さい。


撮影作「Good Night Caffeine」が、大阪でも上映決定!

2015/8/4
caffeine

撮影参加したオムニバス映画『ぼくたちは上手にゆっくりできない。』が
大阪シネ・ヌーヴォでも巡回上映されます。


『ぼくたちは上手にゆっくりできない。』 公式HP

劇場:大阪シネ・ヌーヴォX
日時:8月22日(土)〜二週間レイトショー公開

※詳細は上記リンクの映画公式HP、及びに劇場公式HPスケジュールをご確認下さい。

予告編↓


オムニバス中の一本目、「Good Night Caffeine」(監督:安達寛高)の撮影を担当してます。
お近くの方はぜひ、ご高覧下さい。


栃木・蔵の街かど映画祭にて「水の足跡」が入選上映!

2015/5/2
水の足跡

「水の足跡」が、栃木県栃木市で開催される栃木・蔵の街かど映画祭内の
栃木・蔵の街かどアワードにて上映されます。


第2回栃木・蔵の街かどアワード

 開催日: 5月9日(土)、10日(日)
  ※「水の足跡」の上映は9日(土)10時過ぎ〜 詳細は上記リンク参照
 会場: 栃木高校講堂
 入場料:無料

お近くの方は是非、ご来場下さい。


撮影作「Good Night Caffeine」が、劇場公開決定!

2015/2/16
caffeine

撮影を担当した短編映画「Good Night Caffeine」(監督:安達寛高)が、
オムニバス映画『ぼくたちは上手にゆっくりできない。』内の一本として劇場公開されます。


『ぼくたちは上手にゆっくりできない。』 公式HP

劇場:渋谷ユーロスペース
日時:3月28日(土)〜二週間レイトショー公開(以後、全国各地で巡回予定)

※詳細は上記リンクの公式HPをご覧下さい。

予告編↓


「水の足跡」が、COSMO FEST TOKYO 2014で観客賞を受賞!

2014/12/22
COSMOFEST

「水の足跡」が、座・高円寺で開催されたCOSMO FEST TOKYO 2014にて、
観客賞(一般観客による投票得点1位)を受賞しました。


COSMO FEST TOKYO 2014 公式HP

ご来場頂いたお客様、映画祭関係者の皆様、有難うございました。


COSMO FEST TOKYO 2014 にて「水の足跡」がノミネート上映!

2014/11/27
水の足跡

「水の足跡」が、座・高円寺で12月21日に開催される映画祭
COSMO FEST TOKYO 2014 のコンペティション部門にノミネートされました。


COSMO FEST TOKYO 2014

 映画祭開催日: 12月21日(日)
 会場: 座・高円寺2(座・高円寺地下2階)
 入場料/時間: 上記した映画祭HPをご参照下さい

※「水の足跡」の上映は、第3部コンペティション&トークショー部門にて

上映後、ノミネート監督5名とゲスト審査員(大九明子監督、篠原哲雄監督、三澤拓哉監督)によるトークショーもあります。
お近くの方は是非、ご来場下さい。


ハンズボン映像展にて「水の足跡」「逢瀬」が上映!

2014/11/20
水の足跡

逢瀬

「水の足跡」「逢瀬」の二作が、東京都木場のEARTH +galleryで12月13日〜23日に開催される
ハンズボン映像展にて上映されます。


ハンズボン映像展

※会場・料金・タイムテーブル等詳細は、上記リンク
 及びにフライヤー↓をクリックしてご覧下さい。

ハンズボン映像展表 ハンズボン映像展裏



「逢瀬」は、都内では約一年振りの上映となります。
お近くの方は是非、ご高覧下さい。


信州まつもと[自主制作映画]上映祭にて「逢瀬」が上映!

2014/9/27
逢瀬

「逢瀬」が、長野県松本市で開催される
第五回信州まつもと[自主制作映画]上映祭にて上映されます。


第五回信州まつもと[自主制作映画]上映祭

※詳細は、上記リンクをご覧下さい。

長野県内の各映画祭グランプリ作品を上映する企画とのことで、
昨年大賞を頂いた「うえだ城下町映画祭」の推薦作品としてです。

お近くの方は是非、ご来場頂けると幸いです。


神戸芸術センターにて「水の足跡」が放映!

2014/9/26
水の足跡

日本芸術センター第五回映像グランプリで、映像賞を受賞した「水の足跡」が、
神戸芸術センターエントランスにて日替わり放映されます。


神戸芸術センター

お近くの方は是非、ご来場下さい。


きりゅう映画祭2014にて「水の足跡」が再上映!

2014/8/31
水の足跡

きりゅう映画祭2012の助成作品である「水の足跡」が、
本年の同映画祭にて再上映されます。


きりゅう映画祭2014

お近くの方は是非、ご来場下さい。


須坂映画祭にて「逢瀬」が上映!

2014/7/22
逢瀬

「逢瀬」が、長野県須坂市で開催される
信州須坂蔵の町映画祭にて上映されます。


信州須坂蔵の町映画祭

 映画祭開催日: 8月12日(火)
 上映会場: 須坂市蔵のまち観光交流センター2F
 入場料: 無料
※「逢瀬」の上映は、18時20分頃〜

映画祭チラシ

『須坂映画祭』チラシ表 『須坂映画祭』チラシ裏

(↑クリックすると拡大されます↑)

お近くの方は是非、ご来場下さい。


福岡インディペンデント映画祭2014で「逢瀬」が美術賞を受賞!

2014/7/1
逢瀬

監督作「逢瀬」が、福岡県福岡市で開催される
福岡インディペンデント映画祭2014にて美術賞を受賞しました。


福岡インディペンデント映画祭2014

日時:8月7(木)〜12(火)
会場:福岡アジア美術館

※「逢瀬」の上映は
10日(日)18時26分〜(あじひホール)
11日(月)15時00分〜(交流ギャラリー)

タイムテーブル

※12日(火)13時45分〜「水の足跡」の上映(あじひホール)もあります。

お近くの方は是非、ご来場下さい。


日本芸術センター映像グランプリ 記念上映会(神戸会場)で「水の足跡」が再上映!

2014/3/4
水の足跡

日本芸術センター第五回映像グランプリで、映像賞を受賞した「水の足跡」が、
同コンペの歴代入賞作品上映会(神戸会場)で再上映されます。


日本芸術センター映像グランプリ 記念上映会(@神戸芸術センター)

上映日時: 2014年3月8(土)15時30分〜プログラムJ内にて
会場:神戸芸術センター プロコフィエフホール
入場料:¥500

お近くの方は是非、ご来場下さい。


「水の足跡」が、東葛映画祭で観客賞を受賞!

2014/3/3
東葛映画祭

「水の足跡」が、千葉県柏市で開催された第9回東葛映画祭にて、
観客賞(一般観客による投票得点1位)を受賞しました。


ご来場頂いたお客様、映画祭関係者の皆様、有難うございました。


「水の足跡」が、東葛映画祭コンペティションにノミネート!

2014/2/23
水の足跡

「水の足跡」が、千葉県柏市で開催される第9回東葛映画祭の
コンペティション・ノミネート作品として上映されます。


第9回東葛映画祭

上映日: 2014年2月23(日)12時〜19時の映画祭開催内にて
会場:TKPシアター柏
入場料:¥1,000(一日券)

※詳細は上記リンクの映画祭HPをご覧下さい。

お近くの方は是非、ご来場下さい。


日本芸術センター映像グランプリ 入賞作品上映会・第二部で「水の足跡」が再び上映!

2014/2/2
水の足跡

日本芸術センター第五回映像グランプリで、映像賞を受賞した「水の足跡」が、
同コンペの歴代入賞作品上映会・第二部で再上映されます。


日本芸術センター映像グランプリ入賞作品上映会・第二部

上映日時: 2014年2月16(日)13時〜、2月23日(土)19時〜
会場:東京芸術センター シネマブルースタジオ
入場料:¥500

※詳細は上記リンクの新着情報をご覧下さい。

お近くの方は是非、ご覧頂けたら幸いです。


「水の足跡」が岩手ケーブルテレビジョンにて放映!

2014/1/17
水の足跡

「水の足跡」が、岩手ケーブルテレビジョン・コミュニティチャンネルにて放映されます。

岩手ケーブルテレビジョン・コミュニティチャンネル
 2月9日(土)、23日(日) 21時〜


ご視聴可能なエリアの皆さま、ぜひご高覧下さい。


「水の足跡」がケーブルテレビ山形で放映!

2013/12/27
水の足跡

山形国際ムービーフェスティバルで準グランプリを受賞した
「水の足跡」が、2014年1月にケーブルテレビ山形・コミュニティチャンネルにて放映されます。


ケーブルテレビ山形・コミュニティチャンネル
 1月4日(土) 25時〜
 1月8(水)、15(水)、22(水)、29(水) 22時〜


ご視聴可能なエリアの皆さま、ぜひご高覧下さい。


日本芸術センター映像グランプリ 入賞作品上映会で「水の足跡」が上映!

2013/12/27
水の足跡

日本芸術センター第五回映像グランプリで、映像賞を受賞した「水の足跡」が、
同コンペの歴代入賞作品上映会で上映されます。


日本芸術センター映像グランプリ入賞作品上映会

上映日時: 2014年1月26(日)16時〜、2月1日(土)13時〜
会場:東京芸術センター シネマブルースタジオ
入場料:¥500

※詳細は上記リンクの新着情報をご覧下さい。

お近くの方は是非、ご覧頂けたら幸いです。


MOVIE LOVERS にて「逢瀬」ワークショップと上映があります

2013/11/17
今月末に大阪私立芸術創造館で開催される上映イベント
MOVIE LOVERS vol.10」内の企画として、俳優ワークショップの講師をさせて頂きます。


MOVIELOVER_10

監督作「逢瀬」(共同脚本:上原三由樹「ソウルフラワートレイン」脚本家)の
シナリオ一部を元に、“心の中に隠されたものを如何に演じるか”をテーマとして、
役者さんと共に芝居を作り上げます。

日時:11月29日(金)19:00〜21:30
会場:大阪市立芸術創造館
参加費:¥2500


詳細は→ コチラ

翌日30日(土)には 淀川文化創造館 シアターセブン にて
「逢瀬」(※「復元師」と同時上映)の上映もあります。


<MOVIE LOVERS SCREENING PARTY>
 Aブロック:11:15〜14:15
 オープニング上映
 「ウチのはらのうち」監督:岩下智香子
 復元師シリーズ一挙上映
 「復元師」「逢瀬」監督:金子雅和

詳細は→ コチラ


↑「逢瀬」予告編

関西在住の役者さん・役者志望者の方、ぜひご参加下さい。


日本芸術センター映像グランプリ 記念上映会で「水の足跡」が上映!

2013/11/13
水の足跡

日本芸術センター第五回映像グランプリで、映像賞を受賞した「水の足跡」が、
同コンペ記念上映会で上映されます。


日本芸術センター第5回映像グランプリ記念上映会

上映日: 11月17(日) 、24(日)、30(土)、12月1(日)
「水の足跡」の上映は
各日 13:00〜の計4回


会場:神戸芸術センター プロコフィエフホール
入場料:¥500

神戸記念上映会_表 神戸記念上映会_裏


※詳細は↑をクリック(拡大されます)

お近くの方は是非、ご来場下さい。


山形国際ムービーフェスティバルで「水の足跡」が準グランプリを受賞!

2013/11/11
水の足跡

監督作「水の足跡」が、11月8〜10日に開催された
山形国際ムービーフェスティバル2013にて準グランプリを受賞しました。


本年はグランプリに該当作なし、
準グランプリが『水の足跡』を含め2作品という選考結果でした。

yahooニュースの記事
朝日新聞の記事

映画祭にご来場頂いたお客様、関係者皆様、
そして本作のスタッフキャスト各位、本当に有難うございました。


うえだ城下町映画祭2013で「逢瀬」が大賞を受賞!

2013/11/4
逢瀬

監督作「逢瀬」が、長野県上田市で開催される
うえだ城下町映画祭2013の自主映画部門にて大賞を受賞しました。


うえだ城下町映画祭2013

日時:11月16(土)、17(日)
会場:上田映劇 ほか

※「逢瀬」は自主制作映画コンテスト大賞上映として、16日(土)18時25分〜上映。
 料金:¥500(自主制作映画鑑賞券)


また、11月23(土)、24(日)13:30〜
上田市マルチメディア情報センターにて、全受賞作上映会があります(無料)。

うえだ城下町映画祭・コンテスト審査員:
大林千茱萸さん(映画ライター)
柘植靖司さん(映画プロデューサー・北野武監督「HANA-BI」など)
古厩智之さん(映画監督・「ホームレス中学生」「武士道シックスティーン」など)

お近くの方は是非、ご来場下さい。


日本芸術センター映像グランプリで「水の足跡」が映像賞を受賞!

2013/11/4
水の足跡

監督作「水の足跡」が、日本芸術センター第5回映像グランプリ
にて映像賞を受賞しました。


百数十本のエントリー作の中から選考された
最終ノミネート作品7本に対し授与される賞のひとつで、
最も映像的に優れた作品に贈られるもののようです。

関係者皆さま、有難うございました。


ダマー映画祭inヒロシマ2013に「水の足跡」が最終ノミネート!

2013/10/24
水の足跡

「水の足跡」が、広島県で開催される国際映画祭
ダマー映画祭inヒロシマ2013にて最終ノミネート上映されます。


ダマー映画祭inヒロシマ2013

映画祭開催日: 11月22日(金)〜24日(日)

会場:NTTクレドホール

上映スケジュール:22日19時〜(第二会場)
           23日12時15分〜(第一会場)
           24日12時15分〜(第ニ会場)


ダマー映画祭プログラム

※最終ノミネート作品Aプログラムの一本として上映

最終ノミネート作品は、日本・韓国・台湾・イランの短編映画の中から
選出された国際色豊かな11本。

多彩な招待作品上映や、ゲストの来場もあるようです。
中国地方の方は是非、ご来場下さい。


山形国際ムービーフェスティバル2013に「水の足跡」が最終ノミネート!

2013/10/22
水の足跡

「水の足跡」が、山形県で開催される
山形国際ムービーフェスティバル2013にて最終ノミネート上映されます。


山形国際ムービーフェスティバル2013

映画祭開催日: 11月8日(金)〜10日(日)

「水の足跡」は、ノミネート作品上映 Bプログラム内にて計4回上映↓
8日(金) 14:30〜 18:35〜
9日(土) 11:00〜 15:05〜


会場:MOVIE ON やまがた シアター4

多彩な招待作品上映や、ゲストの来場もあります。
東北方面の方は是非、ご来場下さい。


日本芸術センター映像グランプリで「水の足跡」「逢瀬」が上映!

2013/10/22
水の足跡

逢瀬

「水の足跡」と「逢瀬」が、日本芸術センター第5回映像グランプリ
にてノミネート上映されます。


日本芸術センター第5回映像グランプリ

イベント開催日: 10月26日(土) 27日(日) 11月2日(土) 3日(日)

「水の足跡」「逢瀬」の上映は↓
11月2日(土) 19:30〜

会場:東京芸術センター シネマブルースタジオ

入場料:¥500

映像グランプリ表 映像グランプリ裏

※詳細は↑をクリック(拡大されます)


3日16:30からは審査発表・授賞式もあります。
お近くの方は是非、ご来場下さい。


須坂映画祭にて「復元師」が上映!

2013/9/10
復元師

「復元師」が、長野県須坂市で開催される
信州須坂蔵の町映画祭にて上映されます。


信州須坂蔵の町映画祭

 開催日: 9月21日(土)〜23日(月・祝)

 会場: 須坂商工会館、笠鉾会館、観光交流センター

 入場料: 500円(21〜23日共通)

※「復元師」の上映は、22日(日)18時45分〜笠鉾会館ドリームホールにて。


お近くの方は是非、ご来場下さい。


撮影作「砂山」が瀬戸内国際芸術祭にて上映!

2013/8/23
撮影を担当した「砂山」が、同作主演の会田誠さん(現代美術家)、
監督の松蔭浩之さん(現代美術家・写真家)が作品を出展中の瀬戸内国際芸術祭2013にて、上映されます。


砂山


日時:2013年8月24日(土)13:00〜14:00
場所:男木島 昭和40年会男木学校
定員:50名
料金:一般500円 パスポート提示無料 (要入館料)
問い合わせ:総合インフォメーションセンター 087-813-2244
詳細は→コチラ

「砂 山 - SAND HILL」 【2013年/カラー/16:9 HD/18分】
<キャスト>会田誠 鹿児島藍 戸村祐介ほか
<スタッフ>撮影:金子雅和 脚本:上原三由樹 監督/原作:松蔭浩之

*予告編



瀬戸内国際芸術祭に参加中の方は、ぜひご高覧下さい。


「復元師」「逢瀬」が京都で上映!

2013/7/23
「復元師」と「逢瀬」が、京都にある元・立誠小学校特設シアターにて
二本立て同時上映されます。


立誠・シネマ・プロジェクト ←詳細はコチラをクリック

MOVIE WALKERなどに執筆し、関西の映画評論家・映画ライターとして
活躍著しい田辺ユウキさんと、 関西で映画制作をしている映像家族yucca
それぞれのセレクト・制作作品(「蒼き天狗の夜に。」)を競うイベント内にて。

「田辺ユウキセレクト」という枠での上映となります。

会場:元・立誠小学校 特設シアター
日時:7月25日(木)16:30〜
料金:¥1,200(シアター会員¥1,000)


「逢瀬」は「復元師」シリーズの第二弾という内容になっており、
今回が初の一般上映、かつシリーズ二作同時上映も、もちろん初です。

同イベント内では他にも多様な魅力的作品が上映されますので、
京都お近くの方は是非、ご来場下さい。

**********************************************************

『復元師』
復元師

遺跡から発掘された骨を復元し、大胆な学説を唱えてきた異端の考古学者・諸川。
度重なる発掘上の不正行為で考古学会を追放された彼は、
どこへ発表する当てもない「鬼」についての論文を書くため、
フィールドワークへと旅立つ。
向かうのは、古くから「鬼」の伝説が語られてきた辺境の島。
しかし彼の行動が、島に住む若き兄弟の隠された過去を暴いていくことに…。

【2010年/カラー/16:9HD/29分】
※山形国際ムービーフェスティバル2011 村川透監督賞

監督/脚本/撮影/編集:金子雅和
録音:高田伸也 音楽:神谷司
出演: 松蔭浩之 松岡龍平 高木公介(「ふゆの獣」) 小深山菜美(「夜が終わる場所」)


『逢瀬』(復元師 第二話)
逢瀬

「復元師」より二年前の物語。
考古学者・諸川は、若くして妻を亡くし、ふたりの成人した娘と
共に田舎町で暮らしている。
ある日、調査のために「神隠し」伝説が残る岩山にやってきた彼は、
祀られたのち打ち捨てられたイノシシの骨を発見する。
しかし、その骨を家に持ち帰って昔の姿に復元した頃から、
彼の娘たちの身に異変が起こり始めて…。

【2013年/カラー/16:9HD/36分】
※未公開作品

監督/編集:金子雅和
撮影/照明:与那覇政之 録音:宮崎圭祐 音楽:神谷司
脚本:金子雅和 上原三由樹 協力:信州上田フィルムコミッション
出演:山田キヌヲ(「悪人」「その夜の侍」) 尾崎愛(「サウダーヂ」)
    松蔭浩之 中村邦晃(「どんずまり便器」) 東哲哉


撮影作「砂山」がミヅマアートギャラリーにて上映!

2013/3/23
撮影を担当した「砂山」が、同作主演の会田誠さん・監督の松蔭浩之さん
(共に現代美術家)が所属するミヅマアートギャラリーにて上映されます。


砂山


<以下、告知用情報より転載>

松蔭浩之第一回監督作品「砂 山」 完成記念上映イベント

日時:3月30日(土) 開場 19:00/開演 19:30 (21:30終了予定)
料金:1,500円(ワンドリンク付)
*予約制/定員60人 以下アドレスにてお申込みください
gallery@mizuma-art.co.jp

会場:ミヅマアートギャラリー
新宿区市谷田町3-13 神楽ビル2F
Tel. 03-3268-2500

イベント出演:松蔭浩之、会田誠、金子雅和、辛酸なめ子
総合司会:山田広野

現代美術家/写真家の松蔭浩之が、17年前に執筆した原作をもとに、初めてメガホンをとった短編映画「砂 山」。
長年の朋友・会田誠(*現在、六本木森美術館で会田誠展が開催中)を主演にむかえた、
渾身の初監督作品の完成を記念して上映イベントを行います。

本作の上映に併せ、撮影を担当した金子雅和監督(「すみれ人形」、「復元師」)による新作や、
活弁映画監督の山田広野(「実験人形ダミー・オズマー」、「バサラ人間」)による活弁映画の上映も予定。
全プログラム上映後には、主演俳優・会田誠と松蔭監督ほかによる舞台挨拶、
そして、漫画家/コラムニストの辛酸なめ子さんをお招きしてのトークショーを行います。

*映画上映65分、上映後のトークショーと合わせ、計2時間を予定

「砂 山 - SAND HILL」 【2013年/カラー/16:9 HD/18分】
<キャスト>会田誠 鹿児島藍 戸村祐介ほか
<スタッフ>撮影:金子雅和 脚本:上原三由樹 監督/原作:松蔭浩之

*予告編



ぜひ、ご来場下さい。


「水の足跡」がゆうばりファンタ2013東京上映会にて上映!

2013/3/4
「水の足跡」が、ゆうばりファンタ2013ショートフィルムショウケース部門
東京上映会の一本として、オーディトリウム渋谷にて上映されます。


ゆうばり東京上映会表


ゆうばりファンタ2013 ショートフィルムショウケース部門 東京上映会

<チラシより>
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013(2013/2/21〜25@北海道夕張市)の
インターナショナル・ショートフィルムショウケース部門に選定された注目の20作品を上映。
監督・出演者による舞台挨拶も行います。

会場:オーディトリウム渋谷
料金:各回¥800

日時:3月16(土),17(日)
※「水の足跡」を含むプログラムCの上映は、両日共に15:00〜

↓画像をクリックすると拡大されます

ゆうばり東京上映会表


ぜひ、ご来場下さい。


日本映画専門チャンネル「シネホリDEEP」の取材を受けました

2013/2/18
日本映画専門チャンネル(BS255ch)「シネホリDEEP」 #51
の取材を受けました(「映画最前線2013〜新しい映画製作の現状〜」)。



日本映画専門チャンネル(BS255ch)の映画情報番組「シネホリDEEP」では、
3週にわたってデジタル化する日本映画の現状をレポートしてます。
その中の第3週にて、小型軽量のデジタル機材だからこそ出来る映画制作の
一例として、主に『水の足跡』の撮影現場が取材されました。

「シネホリDEEP」#51(映画最前線 日本映画の今を取材!B)

2/16(土)25:20〜25:30
2/17(日)25:30〜25:40
2/19(火)12:50〜13:00
2/20(水)15:50〜16:00
2/22(金)12:50〜13:00
同上(金)22:50〜23:00

(※同内容のリピート放送、10分番組)


無料放送なので、BSデジタルが視聴可能なテレビであれば、
加入していなくてもご覧頂けます(放映時間だけ映ります)。


森美術館にて撮影作「砂山」が初上映!

2013/2/1


撮影を担当したショートムービー「砂山」が、同作主演の現代美術家・
会田誠さんの大々的個展が開催されている森美術館にて初上映されます。


「砂山」 
主演:会田誠 監督:松蔭浩之 撮影:金子雅和


「会田誠展 天才でごめんなさい」イベント
■昭和40年会:私と会田の間

※以下、森美術館HPより引用

会田誠の展覧会に、彼もメンバーのひとりであるアーティスト集団「昭和40年会」が
集結します。
本プログラムでは、瀬戸内国際芸術祭2013で展開する新規プロジェクト発表や、
メンバーそれぞれによる出し物を多数予定しています。

日時:2013年2月9日(土) 19:00-21:00(開場18:30)

出演:会田 誠、有馬純寿(音楽家)、小沢 剛(美術家)、パルコキノシタ(現代美術家)
松蔭浩之(現代美術家、写真家)、 大岩オスカール(現代美術家)※ビデオメッセージでの出演予定
特別出演:山根明季子

会場: 森美術館展示室内

入場料: 「会田誠展」入場者につき無料(要予約)


ゆうばり国際ファンタスティック映画祭に「水の足跡」がノミネート!

2013/1/18
水の足跡

「水の足跡」が、北海道夕張市で開催される
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013にて上映されます。


ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013

 開催日: 2月21日(木)〜25日(月)

インターナショナル・ショートフィルムショウケース部門(短編コンペ)
Cプログラム【ファンタジー】にて上映。

22日(金)13:00〜
23日(土)12:00〜
24日(日)12:00〜

会場:ホテルシューパロ・ライムライト

詳細は映画祭スケジュール表をご参照下さい。

ハリウッドの最新大作からインディーズ映画まで、様々な映画が上映される
国内最大規模の映画祭です。是非、ご来場下さい。


第2回いわきぼうけん映画祭 にて「復元師」が上映!

2013/1/18
復元師

「復元師」が、福島県いわき市で開催される
第2回いわきぼうけん映画祭にて上映されます。


第2回いわきぼうけん映画祭

 開催日: 2月9日(土)〜10日(日)

 会場: いわき芸術文化交流館アリオス 中劇場・小劇場

 入場料: 各日1,000円・未就学児無料

※「復元師」の上映は、9日(土)15時54分〜中劇場にて。


観客投票によるグランプリの発表もあります。
お近くの方は是非、ご来場下さい。


「水の足跡」都内一日限定上映!

2013/1/9
水の足跡

2012年夏に群馬県桐生市・みどり市で撮影しました短編映画
「水の足跡」(製作:きりゅう映画祭/桐生青年会議所)が、
渋谷アップリンクファクトリーにて都内初上映されます。


『桐生発信』
3人の監督の短編映画と若手制作集団によるドキュメンタリー作品
上映会&トークショー
※詳細は太字をクリックして下さい

日時: 2013/01/26(土)
  ■第一部 16:10 open/16:30start
  ■第二部 19:00 open/19:20start

料金: 一般前売り¥1,500 / 当日¥1,800

会場: UPLINK FACTORY(1F),GALLERY(1F)


桐生出身・在住の方たちが桐生の魅力を内外に伝えるために
運営している集団「KIRYU.IN」主催のイベントです。

「水の足跡」と同じく、きりゅう映画祭での上映のために製作された短編映画
「桐生人」(Yuki Saito監督)、「京太の放課後」(大川五月監督)の二作品が同時上映されます。

また、織物の町である桐生ならではの、織・染め・デザイン・刺繍等、
桐生伝統の技術を生かして作られたテキスタイル作品の展示、
及びに制作ドキュメンタリー「#3.5 “TEXT+STYLE” 展」の併映もあり。

ぜひ、ご来場下さい。


水の足跡
「水の足跡」あらすじ

山間の駅に、動物写真を撮るため降りたケイ。
3日前その山で遭難した兄妹がいることを知り、直ぐに帰るつもりでいたが、
点在する野生動物の足跡を辿るうちに、山奥へと入ってしまう。
滝の前でシャッターを切った瞬間、目の前に現れたのは動物ではなく、
二人の男女だった・・・。
夏の自然の中、静かに記録された交流の物語。

原案:青木亜理沙 製作:きりゅう映画祭/桐生青年会議所 監督:金子雅和

出演:松岡龍平 石坂友里 山科圭太 香取剛 高木公介 山口晃


日本映画専門チャンネル「シネホリDEEP」の取材を受けました

2012/11/3
群馬県桐生市・みどり市で撮影しました 『水の足跡』の撮影模様が、
同地にある「わたらせフィルムコミッション」に密着取材した番組の中で一部放映されます。



日本映画専門チャンネル(BS255ch)の10分番組「シネホリDEEP」にて、
前編・後編に分けて「わたらせフィルムコミッション」の活動が取材されています。

その内の後編にて、同コミッションにご協力頂いた『水の足跡』の撮影現場と
「きりゅう映画祭」の様子が一部、紹介されます。


「シネホリDEEP」#36(前編)
11/03(土)26:50〜27:00
11/04(日)26:20〜26:30
11/05(月)26:45〜26:55
11/06(火)10:20〜10:30
11/08(木)19:50〜20:00
11/09(金)14:20〜14:30


「シネホリDEEP」#37(後編)←コチラ
11/10(土)27:30〜27:40
11/11(日)26:30〜26:40
11/13(火)23:20〜23:30
11/14(水)17:20〜17:30
11/15(木)14:20〜14:30
11/16(金)25:05〜25:15



無料放送なので、BSデジタルが視聴可能なテレビであれば、
加入していなくてもご覧頂けます(放映時間だけ映ります)。


きりゅう映画祭 にて最新作「水の足跡」が上映!

2012/9/4
水の足跡

群馬県の桐生青年会議所が製作した短編映画 「水の足跡」(旧題:カメラ・オブスキュラ)が、
きりゅう映画祭にて上映されます。

同作の監督をさせて頂きました。

きりゅう映画祭プレスリリースは→ コチラ


9月22日(土) 13:50〜 みどり市ながめ余興場
9月23日(日) 14:00〜 桐生市市民文化会館シルクホール

前売:500円 当日:800円
きりゅう映画祭チラシ裏面

ショートショートフィルムフェスティバル&アジアのグランプリ作品等と
同時上映です。

詳細は、上記リンクの「きりゅう映画祭」HP、及びにプレスリリースをご覧下さい。


「水の足跡」あらすじ

山間の駅に、動物写真を撮るため降りたケイ。
3日前その山で遭難した兄妹がいることを知り、直ぐに帰るつもりでいたが、
点在する野生動物の足跡を辿るうちに、山奥へと入ってしまう。
滝の前でシャッターを切った瞬間、目の前に現れたのは動物ではなく、
二人の男女だった・・・。
夏の自然の中、静かに記録された交流の物語。

原案:青木亜理沙 製作:桐生青年会議所 監督:金子雅和

出演:松岡龍平 石坂友里 山科圭太 香取剛 高木公介 山口晃


「復元師」が仙台ケーブルテレビで放映!

2012/8/1
「復元師」が、8月に仙台CATVコミュニティチャンネルにて
放映されます。


8月
毎週水曜日20:00〜
毎週木曜日16:00〜
毎週金曜日21:30〜
毎週土曜日20:00〜
毎週日曜日21:00〜

ご視聴可能なエリアの皆さま、ぜひご高覧下さい。


東広島映画祭 にて「復元師」が上映!

2012/7/13
復元師

「復元師」
第6回東広島映画祭にて上映されました。


ご高覧下さったお客様・主宰者皆様、誠に有難うございました。


第13回ハンブルグ日本映画祭(ドイツ) にて「すみれ人形」が上映決定!

2012/5/8
すみれ人形

「すみれ人形」が5月23日〜27日までドイツのハンブルグで開催される
第13回ハンブルグ日本映画祭にて上映されます。


3年振りの上映機会、同作初の海外上映です。
在独の方は、是非ご高覧頂けると幸いです。


ひろしま映像展2012 にて「復元師」が上映!

2012/4/15
復元師

「復元師」が西日本最大級のインディーズムービーコンテスト
ひろしま映像展2012の本選上映作品に選出され、
シネツイン(広島市の映画館)にて上映されました。


ご高覧下さったお客様・主宰者皆様、誠に有難うございました。


第3回ラブストーリー映画祭 にて「復元師」が上映決定!

2012/3/22
復元師

「復元師」が、第3回ラブストーリー映画祭にて上映されます。

第3回ラブストーリー映画祭

 開催日: 4月7日(土)〜8日(日)

 会場: 原宿KINEATTIC

 入場料(各1ブロック): 一般1,300円・学生1,200円

※「復元師」の上映は、8日(日)17時33分〜のCブロックにて。


同時上映 『愛狂しい』(遠藤瑶子監督)、『ミッドナイト、サンシャイン』(チョ・ナヨン 監督)

お近くの方は是非、ご来場下さい。


笹塚映像フェスティバル にて「復元師」が上映決定!

2012/1/23
復元師

「復元師」が、笹塚映像フェスティバルにて上映されます。

笹塚映像フェスティバル

 開催日:
 1月23日(月)〜29日(日)

 会場:笹塚ファクトリー

 入場料:1日券 1,000円
      1週間パス券 2,000円 

※「復元師」の上映は、24日(火)17時〜、26日(木)17時40分〜のHプログラムにて。

お近くの方は是非、ご来場下さい。


MOVIE LOVERS FILM FES 2012・冬 にて「復元師」が上映決定!

2011/12/21
復元師

「復元師」が、1月に大阪市立芸術総合館で開催される
MOVIE LOVERS FILM FES 2012・冬 にて上映されます。


MOVIE LOVERS FILM FES 2012・冬

 開催日:
 1月7日(土)、8日(日)、9日(祝)

 会場:大阪市立芸術総合館

 入場料:前売 1,000円/1日
      当日 1,500円/1日 

※「復元師」の上映は、8日(日)19時〜のFプログラムにて。

 同日は「若手映画作家育成プロジェクト」作品や
篠原哲雄監督の「草の上の仕事」など、多様な上映あり。
お近くの方は是非、ご来場下さい。


「復元師」が東北のケーブルテレビ各社で放映!

2011/12/21
「復元師」が、2012年1月に山形・岩手・宮城(塩竈)・秋田のケーブルテレビにて
放映されます。


ケーブルテレビ山形
 1月7日(土)  1時〜
   29日(日) 22時〜

岩手ケーブルテレビ
 1月7日(土)、14日(土)、21日(土)、28日(土) 全て21時〜

宮城ネットワーク(塩竈)
 1月26日(木)、27日(金)、29日(日)、30日(月) 全て20時〜

秋田ケーブルテレビ コミュニティーチャンネル
 3月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)、
 24日(土)、25日(日)、31日(土)   全て21時〜


ご視聴可能なエリアの皆さま、ぜひご高覧下さい。


「復元師」が村川透監督賞を受賞!

2011/11/15
最新短編作 「復元師」が山形国際ムービーフェスティバル2011にて、
選考員長の村川透監督(『野獣死すべし』『蘇る金狼』など)の手から
村川透監督賞を頂きました。


この映画に関わって下さったスタッフ・キャスト、
ご覧頂いたお客様、映画祭関係者の皆様、誠にありがとうございました。


山形国際ムービーフェスティバル2011に「復元師」がノミネート!

2011/10/16
復元師

最新短編作 「復元師」が、
山形国際ムービーフェスティバル2011にノミネートされました。


詳細は
山形国際ムービーフェスティバル2011

最終ノミネート作品として、11月12日(土)に東北最大の映画館
MOVIE ON 山形にて上映されます。

お近くの方はぜひ、ご高覧下さい。


『辺境幻想』HPアドレス変更のお知らせ

2011/10/13
昨年秋に渋谷アップリンクXにて上映されました短編映画集
『辺境幻想』のHPを、当サイト内に統合しました。


新アドレスは
http://www.kinone.net/henkyo/

トップページ右下のバナーからも入れます。
よろしくお願いいたします。


PV “It Ends Slowly In Summer” 配信開始!

2011/7/4
It_ends_slowly_in_summer_still

7月20日(水)よりダウンロード販売が開始される Octopod のミニアルバム
“It Ends Slowly In Summer” の宣伝用として、昨年に依頼を受け製作しました
プロモーションビデオが、Youtubeにアップロードされました。




Youtubeスタンダード画質
Youtubeハイビジョン画質


It_ends_slowly_in_summer
amzon.com
iTunes

上記amazon、iTunes以外でも販売中
以下、販売サイトの紹介文より

[It Ends Slowly In Summer] 収録曲
 Water Drops
 Sky High(summer ver)
 Midnight Deep Forest
 Lazy Afternoon
 Summer Madness
 Hands And Island(feat. funi)
 Sandfish
 Echoes
 It Ends Slowly In Summer

気鋭のビートメイカーOCTOPODによる、夏に関連した楽曲を収録したコンセプトアルバム。
インストルメント曲を主とした、様々な時間や角度から夏を綴った作品となっている。
「Hands and island」では、KPとして活躍しているラッパーFUNIが参加。
夏に韓国済州島を訪れ、島で起きた悲しみの事実を叙情的に表現している。
タイトル曲「It ends slowly in summer」から触発された物語を映像化したPVも、必見。

※ご試聴はコチラ



『復元師』 第一回映画太郎にて上映決定!!

2011/6/5
10年製作の短編映画 「復元師」が、シネマート六本木にて開催される映画イベント
「第一回映画太郎」にて、上映されます。


『第一回映画太郎』チラシ表 『第一回映画太郎』チラシ裏

(↑クリックすると拡大されます↑)


注目のインディーズ監督たちによる映画祭・第一回映画太郎
ジャンルもカテゴリーも関係ない!
インディペンデント映画界の魑魅魍魎が揃いも揃った
ボーダーレスな映画祭が六本木で開催!
(以上、チラシより)


日時:6月23日(木)〜27日(月)

会場:シネマート六本木(大江戸線/日比谷線・六本木駅より徒歩)

料金:¥1,000(当日券のみ) 3回券 ¥2,000


※『復元師』の上映は、同イベント内のCプログラム
 6月23日(木)19:30〜
    25日(土)14:00〜 の二回となります。



Cプログラム上映作品 (上映順未定):

 「おばけのマリコローズ」 監督:小林でび/2010年/66分
 「善人」  監督:加藤行宏/2011年/23分
 「復元師」  監督:金子雅和/2010年/29分


詳しくは→「第一回映画太郎」をご覧ください。
ご来場お待ちしてます!!


TH No.45

2011/2/2
アトリエサード社が3ヵ月毎に発行しているアート雑誌・トーキングヘッズ叢書の1月号である
「TH No.45」に 『辺境幻想』の記事を掲載して頂きました。


TH no.45

TH recommendation というページにて、現在開催中の美術展などと並んでの紹介記事です
(上記リンクにある目次の下部、TH recommendationに
「金子雅和〜辺境にある者たちを包む幻想的な映像美」とあります)。

TH no.45
(↑ P26の左下。小さな記事ながら綺麗なカラーページ)

「TH No.45」は全国大型書店、美術誌などを扱う書店などにて 絶賛発売中 →販売書店一覧
(ジュンク堂・紀伊国屋・ブックファースト・ヴィレッジヴァンガード・タワレコなど)
アマゾンでも販売中です。


2011 謹賀新年

2011/1/1
新年明けましておめでとうございます。

旧年は『辺境幻想』の上映、新作短編「復元師」の製作で大変お世話になり
ありがとうございました。

本年はまとまった製作や上映などの活動予定が今のところありませんが、
「復元師」およびに旧作の上映、スタッフとして関わった作品の公開などがある場合は
ご報告いたします。

「失はれる物語(原作:乙一)」などへのお問い合わせがもしもございましたら、
infokinone(a)gmail.com
※スパム対策のため、(a)を@にしてお送り下さい
にメール頂けますと幸いです。

今年もどうか宜しくお願いいたします。


短編映画集『辺境幻想』 渋谷アップリンクXにて公開!!

2010/10/19
08年夏〜10年夏に制作しました短編映画5本が一挙上映されます。

『辺境幻想』チラシ表 『辺境幻想』チラシ裏



11月13日(土)〜12月3日(金)まで
連日20時50分よりレイトロードショー

劇場:渋谷アップリンクX (渋谷東急本店より徒歩2分)

料金:
当日一般 1200円
学生/シニア/水曜 1000円
前売り券 1000円
リピーター割引 600円

公式HP http://henkyo.net/

08年に初監督作『すみれ人形』が劇場公開された金子雅和が、
その後2年間に監督した短編映画5作品を一挙公開。
場所だけではなく境遇や状況など、常に「辺境」に置かれた人間・事物を描いた作品中、
日常からふと迷い込んでしまう閉ざされた世界の物語を「迷鏡譚」、
海や川・滝などの水に囲まれた地に足を踏み入れた人たちの物語を「幻水譚」として、
2プログラムに選り分け上映。今回のための撮りおろし最新作も有り。

<Aプログラム 迷鏡譚>
『鏡の娘』 2008年 18分
『こなごな』 2009年 10分
『失はれる物語』 2009年 34分
計62分

<Bプログラム 幻水譚>
『失はれる物語』 2009年 34分
『It ends slowly in summer』 2010年 4分
『最新作』 2010年 30分
計68分

11月13日(土)〜19日(金) Aプロ
20日(土)〜26日(金) Bプロ
27日(土)〜29日(月) Aプロ
30日(火)〜12月3日(金) Bプロ


上映作品

『鏡の娘』
鏡の娘

( DV / カラー / 16:9 / 18分 / 2008年 ) Aプロ
出演:小深山菜美 おぞねせいこ 松蔭浩之
撮影:山田達也 脚本/監督:金子雅和

未亡人・千鶴子(ちずこ)の家に、区役所から調査にやってきた守谷(もりや)。
千鶴子には戸籍上、蒼葉(あおば)という娘が存在しているが、誰もその姿を見た者がいない。
蒼葉に関して曖昧なことしか答えない千鶴子を不信に思った守谷は、密かに家の中を覗き込む。
するとそこには、艶やかな髪の美しい娘=蒼葉がいて…。
グリム童話「ラプンツェル」に材を得た、母娘のいびつな物語。


『こなごな』
こなごな

( DV / カラー / 16:9 / 10分 / 2009年 ) Aプロ
出演:小深山菜美 松岡龍平
原案:早見純「復活祭」(太田出版刊『ラブレター フロム 彼方』収録)
音楽:神谷司 脚本/監督/撮影:金子雅和 製作:(株)アイダック

日本の郊外ならどこにでもある、冬枯れた葦原の風景。
美花(みか)は気付くと、そこに横たわっていた。目の前には、
彼女に偏狂の愛を向ける男の姿が…。
鬼才漫画家・早見純の傑作「復活祭」を原案とした、戦慄の映像譚。


『失はれる物語』
失はれる物語

( DV / カラー / 16:9 / 34分 / 2009年 ) A+Bプロ
出演:中村邦晃 小深山菜美 松永英晃 田中しおり
原作:乙一「失はれる物語」(角川書店刊『失はれる物語』収録)
脚本:宮崎大祐 撮影:東哲哉 脚本/監督/撮影:金子雅和 製作:(株)アイダック

突然の事故で全身不随となり、右手以外すべての感覚を失った久生(ひさお)。
ピアノ教師である妻の梨沙(りさ)は、久生の手を鍵盤代わりに触れて
コミュニケーションを取ろうとする。
久生はその感触から失った世界を再認識するが、茫漠とした風景を漂うような
彼の意識は、なかなか梨沙の気持ちに辿り着くことが出来ない…。
霧に包まれた原野、湖、滝などの深遠なランドスケープが、観る者を精神の辺境へと誘う。


『It ends slowly in summer』
It ends slowly in summer

( HDV / カラー / 16:9 / 4分 / 2010年 ) Bプロ
出演:白須陽子
音楽:Octopod 構成/監督/撮影:金子雅和 製作:GOD PHARM RECORDINGS

気鋭のビートメイカーOctopodの楽曲『It ends slowly in summer』PV。
曲から触発された物語を、一切の言葉を排し映像化。
唯一の家族である白い鳥が死んだ朝、女は埋葬のため家を出る。
目が見えない彼女は、橋の手すりや草原の葉を辿り、風の音・においを頼りに川へと
歩いていく。わずか400メートルの小さな旅。


『最新作』
最新作

( HDV / カラー / 16:9 / 30分 / 2010年 ) Bプロ
出演:松蔭浩之 松岡龍平 高木公介 小深山菜美
原案/美術:熊倉美由紀 脚本/監督/撮影:金子雅和

今回の上映のための撮りおろし最新作。
遺跡から発掘された人骨を復元し、大胆な学説を唱えてきた異端の考古学者。
度重なる発掘上の不正行為で考古学会を追放された彼は、どこへ発表する当てもない
「鬼」についての論文を書くため、フィールドワークへと旅立つ。
向かうのは、古くから「鬼」の伝説が語られてきた辺境の島。
しかし彼の行動が、島に住む若き兄弟の隠された過去を暴いていくことに…。
灼熱の太陽、鳴り響く潮騒のもと繰り広げられる幻想譚。



『失はれる物語』 7月20日(火) 上映決定!!

2010/6/16
09年製作の短編映画 「失はれる物語」が、渋谷アップリンクファクトリーにて開催されるイベント
「ブンガクと映画」にて、上映されます。

『ブンガクと映画』チラシB 『ブンガクと映画』チラシA

 (↑チラシは両面カラー・リバーシブル仕様)

日時:7月20日(火) 19時30分〜
会場:渋谷アップリンクファクトリー(渋谷東急本店より徒歩2分)
料金:1500円


「ブンガクと映画 小沢和史監督×金子雅和監督作品上映&トーク」

 7月24日よりアップリンクXにて公開される映画 『デルタ 小川国夫原作オムニバス』
関連して行われる、文学と映画の出会いをめぐる上映&トークイベント。
オムニバスの一本「ハシッシ・ギャング」(小沢和史監督)、乙一の小説を原作とした「失はれる物語」(金子雅和監督)、
そして小沢和史監督・金子雅和撮影の「人さらいが来ればいいのに」(水戸短編映像祭・準グランプリ受賞作)も特別併映!

※『デルタ』の前売り券(1,300円)をお買い上げのお客様は、当イベント料金が 1,500円→1,000円に割引されます。


上映作品(上映順):

「失はれる物語」
失はれる物語
【2009年/カラー/DV/16:9/ 34分】
原作:乙一「失はれる物語」(角川文庫『失はれる物語』収録)
出演:中村邦晃 小深山菜美 田中しおり 松永英晃
監督:金子雅和
<解説・あらすじ>
 突然の事故で全身不随となり、右手以外すべての感覚を失った久生(ひさお)。
ピアノ教師である妻の梨沙(りさ)は、久生の手を鍵盤代わりに「演奏」を続け、コミュニケーションを取ろうとする。
だが月日が流れ、次第に乱れていく「演奏」から梨沙の気持ちを感じた久生は、ある決断をする・・・。
肌の感触のみで交わされる、夫婦の心のドラマ。

「人さらいが来ればいいのに」
人さらいが来ればいいのに
【2003年/カラー/DV/4:3/23分】
出演:中野衣美 小沢和史 津ヶ谷伸子
監督:小沢和史 撮影/照明:金子雅和
〈解説・あらすじ〉
 茶畑に囲まれた田舎の一軒家で中学生の少女キワは「おばさん」と2人で暮らしている。
町で誘拐事件が起こったある日、キワは怪し気な土建屋の青年・矢本と出会う。
やがて2人は誘拐事件のニュースに便乗して誘拐ごっこを始めてしまうのだが…。
水戸短編映像祭2003準グランプリ作品。

「ハシッシ・ギャング【短編ヴァージョン】」
ハシッシ・ギャング
【2010年/カラー/HDV/25分】
原作:小川国夫「ハシッシ・ギャング」文藝春秋刊
出演:松浦祐也 土肥ぐにゃり 金崎敬江 川屋せっちん MIKIE
監督:小沢和史
〈解説・あらすじ〉
 幻聴を追いかけて町をさまよう"私"は、夜の墓場で自らの幻聴に没頭する"傾聴族"と遭遇する。
傾聴族の一人、木南慈平に勧められ麻薬ハシッシを覚えた"私"は、
1年前に消息を絶った女・りさ子の声を幻聴に聞く…。
第50回読売文学賞受賞の短編小説集「ハシッシ・ギャング」(文藝春秋刊)の表題作を原作に、
青年たちの日常に潜む哀しみや幻想を描く。


監督プロフィール:

小沢 和史(おざわ かずし)
 1974年生。20才の時に多摩美術大学二部入学、映画製作を学ぶ。
在学中に監督した短編映画がPFFをはじめ数々の映画祭に入選・入賞、
卒業後も映画製作をつづけ、モナコやアメリカでの映画祭などに参加。
現在、短編映画『ハシッシ・ギャング』の長編化を考案中。
主な作品に『ファールグランド』(00)、『わらってあげる』(00)、
『僕は1日で駄目になる』(04 ※2010年エースデュースよりDVD販売)など。


※7月24日追記:イベント終了いたしました。同作は2010年晩秋、劇場公開予定です。


『失はれる物語』 映画太郎 VOL.0で上映決定!!

2010/6/22
短編映画 『失はれる物語』が、年齢もジャンルもバラバラな若手監督たち
13人+αが集まった映画祭 「映画太郎 VOL.0」 にて上映されます。

映画太郎チラシ

日時:7月7日(水) 18時00分〜
      9日(金) 15時30分〜
      11日(日) 20時30分〜

会場:原宿KINEATTIC (渋谷区神宮前2-27-3 1F)

料金:1回券 800円  3回券 1500円



 今泉力哉、濱口竜介、平波亘、森岡龍など、東京芸大・ENBU・NCW・PFF・水戸短編・CO2ほか、
様々な映画学校や映画祭出身の注目若手監督たち13人+αの作品が一挙上映される
映画イベント「映画太郎」第0回が開催!

7月7日〜11日まで5日間連日、7プログラム15以上の作品が一挙上映。
豪華なシークレット作品も近日発表予定。
詳細は 「映画太郎」オフィシャルブログ をご覧下さい。


※『失はれる物語』はCプログラムにて、『Scherzo/スケルツォ』(PFFアワード2008入選)の
 平波亘監督の最新作 『青すぎたギルティ』 と同時上映。

話題作、注目監督がボーダーレスに集った5日間、
ぜひご来場ください!!


『失はれる物語』 携帯サイトでの有料配信開始

2010/6/5
09年に(株)アイダックの出資で製作されました 短編映画『失はれる物語』が、
同社携帯サイト「gotmail?」で有料配信を開始しました。


大大脱出2「失はれる物語」

※携帯サイトでの有料配信限定ですが、番組内容一覧は以下、PCでもご覧頂けます。
http://www.gotmail.jp/movie2/

『失はれる物語』番組欄はコチラ↓
http://www.gotmail.jp/movie2/chapter/ushinawareru_monogatari1.html


携帯で視聴するためには有料会員になり、番組をひとつダウンロードする度に
料金加算される、というシステムになっております。

携帯はコチラ↓
http://www.gotmail.jp/mobile/giga.html
「大大脱出2」のバナーからサインイン出来ます。


1番組10分の配信形態につき、『失はれる物語』は10分×3話の
前・中・後編に分けて配信されております。


『失はれる物語』 ファインフィールドフェスティバル 2010で初上映!!

2010/4/19
09年製作の短編映画 『失はれる物語』が、
大谷石で有名な町・南宇都宮でゴールデンウィークに開催されるアートの祭り
「ファインフィールドフェスティバル 2010」 にて初上映されます。

ファインフィールドフェスティバル2010チラシ表 ファインフィールドフェスティバル2010チラシ裏


日時:5月4日(火・祝) 14時05分〜(上映時間34分)
 ※開始時間は多少前後する可能性がございます。
会場:大谷石蔵群・ギャラリー悠日にて(東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩1分)
料金:入場無料

上映プログラム      会場地図
上映プログラム 会場地図


史跡巡りとアートを楽しみに、ぜひご来場ください。


『こなごな』 大阪で一夜限りの上映!

2010/1/6
09年製作の短編映画『こなごな』が、同作原作者の漫画家・早見純さんの
トークイベント内にて大阪で上映されます。
※以下、青林工藝舎HPの情報より転載させて頂きました。


RockRider Presentsコミックライダー「純の部屋」
奇才漫画家、早見純先生のトークイベントが大阪で実現!! 
もちろん大阪初上陸!!  エロ?? ホラー?? 謎に包まれたその素顔にせまる!!
ゲスト論客に漫画評論家の漫ぶらぁ〜大西祥平とライター、イラストレーターとしても活躍中のキングジョー氏も登場!!
もしかして最初で最後!? になるかもしれない早見純先生大阪での生トークをお見逃しなく!!

出演/早見純、大西祥平、キングジョー
日時/1月12日(日)19時30分開場、20時開演
料金/前売2000円、当日2300円
前売予約のお申し込みはお名前、枚数を
contact@rockrider.jp
までメールでお願いします!
*定員になり次第、チケット販売終了になりますので、お早めにご予約下さい。

会場/難波Rock Rider
電話/06-6634-1539
http://rockrider.jp/


追記:イベントは盛況の中、無事終了しました。
    ご来場頂きましたお客様、誠にありがとうございました。
 


2010 謹賀新年

2010/1/5
新年明けましておめでとうございます。

旧年は『すみれ人形』がDVD販売、及びにレンタル開始されることとなり、
世間の中では極めて些細なことではありますが、ひとつの区切りの年となりました。

「kinone」は、この1月26日で発足より丸2年となります。
それを機により具体的な活動を志し、新たな一歩へ進むべく精進して参ります。
今年もどうか宜しくお願い致します。

kinoneスタッフ一同


広瀬淳二氏×金子雅和ライブ上映!

2009/10/19
ライブハウスシーン最大の祝祭「DRIVE TO 2010」
特別企画「シネマLIVE」にて上映される、新作映像「蝶の瞬き」のコラボミュージシャンが決定しました!


ミュージシャンはフリーミュージシャン・広瀬淳二さん
テナー・サックス奏者にして、自作ノイズマシーン奏者。
大友良英さんとのデュオや、渋さ知らズにサックスで参加されている、ベテランアーティストです。


10月26日(月)限定「蝶の瞬き」ライブ上映!

2009/10/12

『蝶の瞬き』表 『蝶の瞬き』裏



ライブハウスシーン最大の祝祭「DRIVE TO 2010」
特別企画「シネマLIVE」にて、新作映像「蝶の瞬き」を上映します。


これは10月より11月まで30日間に渡って新宿ロフトにて展開される大規模な音楽イベントの一環なのですが、
26日は、ライブのサブステージで、
「ピノキオ」「ラヴァーズ・ラヴァー」などカルト的人気を誇る
爆音映画監督・福居ショウジンさんと、金子雅和が「シネマLIVE」と銘打った音楽と映像のコラボ上映を行います。
上映後両監督と、コアなカルチャー・シーンを牽引し続ける地引雄一氏によるトークショーあり。
※コラボするミュージシャンは近日発表します。

●時間:10月26日(月)18:30〜
●料金:当日3,500円/前売3,000円
●場所:新宿ロフト

メインステージアーティスト
・サヨコオトナラ(サヨコex.ZELDA+OTOex.じゃがたら+奈良大介) 
・シカラムータ 
・I am KAMURA(ex.水玉消防団) 
・THE PANTZ 

また、前売チケットの取り置き予約を行っております。
info(a)kinone.net   ※スパム対策のため、(a)を@にしてお送り下さい。
ご入用の方は
@件名:『Driveto2010』チケット取置きの件 Aお名前
B枚数
B10月26日「蝶の瞬き」
を必ず明記の上、ご連絡下さい。
新宿ロフトの窓口での引き渡し・お支払となります。
※なお、確認の返信メールは別アドレスよりお送りします。


「こなごな」10月3日(土)より渋谷アップリンクXにて公開!

2009/10/03

『大脱出!』チラシ表 『大脱出!』チラシ裏



今年の初旬に携帯ゲームの映像化企画として製作参加しました
短編映画「こなごな」が、10月3日(土)より11月6日(金)までの5週間、
劇場公開されます。


この企画は、(株)アイダックの人気携帯サイト「gotmeil?」で 配信されている脱出ゲームの内容を、
若手監督11人が映像化する、 というものでした。
そうして作られた11本が、今回『大脱出!』というタイトルで、 オムニバス映画として公開されます。

オムニバスムービー 『大脱出!』  製作/配給/宣伝:(株)アイダック
渋谷アップリンクXにて
●10月3日(土)〜23日(金)
 19:00〜/20:40〜 の一日2回上映

●10月24日(土)〜11月6日(金)
 19:00〜 の一日1回上映

○料金:当日1280円/前売980円
リピーター割引あり(当日券のお客様→次回980円、前売券のお客様→次回800円)
※A・Bの2プログラムに分けての上映となり、
 「こなごな」の上映はBプロのみとなりますので、ご注意下さい。
Bプロは
10/3(土)〜9(金)  20:40〜
10(土)〜16(金)   19:00〜
17(土)〜23(金)  20:40〜
31(土)〜11/6(金) 19:00〜

となります。
また、前売チケット(980円!)の取り置き予約を行っております。
info(a)kinone.net   ※スパム対策のため、(a)を@にしてお送り下さい。
ご入用の方は
@件名:『大脱出!』チケット取置きの件 Aお名前
B枚数
Cご来場日時
を必ず明記の上、ご連絡下さい。
アップリンクXの窓口での引き渡し・お支払となります。
※なお、確認の返信メールは別アドレスよりお送りします。

「こなごな」はゲームの内容に加え、極北の漫画家として人気の早見純さんの 作品を原案にしております。
早見純さんファンは是非、劇場にお越し下さい!!


「すみれ人形」DVD発売&レンタル開始!

2009/07/2

DVDチラシ

「すみれ人形」DVDが7月3日(金)に発売開始、全国ツタヤ・ゲオなどのレンタル店でレンタル開始!!

発売元:TMC
価格:¥3,990円(税込)

本編63分+特典映像(20分)
特典内容:
1、古澤健(映画監督・沢尻エリカ主演「オトシモノ」など)
  ×金子雅和による劇場公開時トークショー
2、「すみれ人形」ロケハン映像
3、金子雅和フィルモグラフィー&最新作予告編


「すみれ人形」再上映第3弾決定!

2009/06/12
「すみれ人形」DVD発売(7月3日)の翌日、

7月4日(土)
渋谷アップリンク・ファクトリーにて。
18:30開場、19時上映開始
料金:ワンドリンク付¥1,500
金子雅和最新短編監督作と同時上映。

上映後「すみれ人形」メインキャスト+監督によるトークショー有。
登壇者:
小谷建仁さん(俳優)×山田キヌヲさん(女優)×
松岡龍平さん(俳優)×綾野剛さん(俳優)×金子雅和(「すみれ人形」監督)

上映作品
「すみれ人形」 63分/2007年/フィクション
「鏡の娘」 18分/2008年/フィクション
「石川九楊 源氏物語五十五帖展」 11分/2008年/ドキュメンタリー

  ※会場にて「すみれ人形」DVD販売もしております。
それぞれの作品情報は【Works】【Blog】および下の画像をクリックしてご確認下さい。

7/4チラシ


「すみれ人形」DVD予告編

2009/05/26
「すみれ人形」DVD予告編アップ!
コチラ←

※販売元制作による同予告編内にて、主演の小谷建仁さんの漢字に誤りがございます。
関係者の皆様へ、謹んでお詫び申し上げます。

「すみれ人形」再上映第2弾!ゲスト:会田誠さん×松蔭浩之さん

2009/05/19
「すみれ人形」DVD発売(7月3日)に伴い、3ヶ月連続の再上映が決定しました。
第二回の6月7日(日)は、
渋谷アップリンク・ファクトリーにて。
18:30開場、19時上映開始
料金:ワンドリンク付¥1,500
金子雅和最新監督作と同時上映。

上映後、
会田誠さん(現代美術家)×松蔭浩之さん(現代美術家)
×金子雅和トークショー有!!


上映作品
「すみれ人形」 07年/63分
「鏡の娘」  08年/18分
「こなごな」 09年/10分

「鏡の娘」は、映画祭以外での公開は初となります!
それぞれの作品情報・イベント詳細は、【Works】および
下の画像をクリックして下さい。

6/7チラシ


「鏡の娘」が六本木で上映!!

2009/05/18
6月6日(土)
ショートショートフィルムフェスティバル・アジア2009
NEO-JAPANプログラム内の一本として

「鏡の娘」 08年/18分

会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
時間:26:10-28:00
*オールナイトイベントです。

上映詳細は、ショートショートフィルムフェスティバルのHPをご覧下さい。
「鏡の娘」につきましては、【Works】をご覧下さい。

すみれ人形アップリンクで再上映!

2009/04/21
「すみれ人形」DVD発売(7月3日)に伴い、3ヶ月連続の再上映が決定しました。
第一回の5月9日(土)は、
漫画界の鬼才・早見純さん原案の短編映画「こなごな」との同時上映です。

5月9日(土) 金子雅和『すみれ人形』+最新短編映画特集
会場:アップリンク・ファクトリー
18:30開場、19:00スタート
料金:ワンドリンク付¥1,500

上映作品
「すみれ人形」07年/63分
「こなごな」 09年/10分
上映後、早見純(漫画家)×金子雅和(監督)トークショー

※詳細は、下の画像をクリックして下さい。

5/9チラシ表 5/9チラシ裏

ページトップへ

Copyright (C) Kinone All Rights Reserved.